募集の主軸をインターネッツに

塾ブログを頻繁に更新するようになったのが今年の4月。

 

言うまでもなく、塾ブログフェスの影響で。

 

 

 

 

先日ツイッターではちょこっと話したけど、苦節5ヶ月、初めて「ブログを読んで」という問い合わせがありました!(パチパチ)

 

いや、普通にすごいことですよね!

 

ワシ地方よ?田舎の民よ?

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日で自信が確信に変わりました!」

*平成の名シーン

 

 

 

チラシ主体の募集は、どうしても数の力が大きくものを言います。

 

もちろんチラシの中身を良くすれば、見てくれる人は増えるでしょう。しかしながら、同じチラシを何回も何回も、何週にもわたってまく大手塾を見て、

 

「これ、同じ土俵で戦っていていいのかな?」

 

とずっと思っておりました。

 

 

 

 

 

幸い、それまでも個人ブログやツイッターなど、ネット媒体での発信はずっと行ってきていたのですが、

 

募集の主軸をインターネットに移す

 

 

という壮大な計画を立てて、夏場大コケして(大事な大事な夏期講習前、問い合わせゼロ笑)、やっと若干実を結んだかなというのがこの9月でした。

 

 

 

 

あ、でも今年中3が、春先の段階で定員埋まってたからこそ挑戦できたことです。

 

地方民は“俺にも出来るかも”とか思わないように!笑

 

痛い目見るぜ!笑

 

 

 

 

なんてったって一時期は、「秋ポスティング回らないといけないな。」とか思ってたからね!

 

別にポスティング嫌いなわけじゃないけど、同じ時間ブログ書いて集客できてるなら、絶対にそっちの方がコスパいいわけで。

 

 

 

 

さらに、ブログの記事は、“スーパーのチラシと一緒にゴミ箱行き”なんてことはなくて、ずっと残るものだから。

 

お母さん、お父さんが見たいときに見られるじゃん。

 

 

 

 

でもって、俺ら世代が中学生の親になる頃には、確実にみんな新聞なんて取ってないし(笑)

 

塾考えるときに1000%ネットで調べるし。

 

 

 

 

 

 

って考えると今後生き残るには、やるべきことが少しだけ見えてきますよね。

 

インターネッツは使い方を工夫すれば、持たざる者に最も味方する武器です。お金も地位も必要ありません。

 

情報収集と行動こそが命です。

 

 

 

 

 

 

 

保護者「塾長、弾き語りとか、なんか活動されてるみたいですね。」

 

悪目立ちを拡散しているのも、またインターネッツなのでした。

 

ちゃんちゃん。

 

スポンサーサイト

コメント